9/1 外房、大原沖のショウサイフグが解禁!! 数釣りが楽しいフグ、食べて美味しいフグ、皆で楽しみましょう!

NV350 キャラバン 釣り車カスタム記録㉚ リアサイドテーブル[K-TAKA製]

リアサイドテーブル
URLをコピーする
URLをコピーしました!

 カスタム記録、もう30回目になりました。約半年で、ちょこちょこと、結構頑張ったなぁと思う今日この頃です。さて、今回は、車中泊の際のベッド周りの快適性を上げるため、荷室にテーブルが欲しくなり、先日のセンターコンソールと合わせて、K-TAKAさんにリアサイドテーブルを注文していました。このリアサイドテーブルも、センターコンソールと同様にセミオーダーメイドでカラー設定などを自分好みでアレンジできます。K-TAKAさんのリアサイドテーブルは、プレミアムGX用として販売されていたのですが、大丈夫だろうと思いながら注文しておりましたが、製作段階で、『DX /VXでは無いので穴位置などを調整します。』との連絡を頂けました!素晴らしい対応です!!何度かやり取りを終え、ちょっとチューニングされたリアサイドテーブルが届きましたので、取り付けはワクワクです。

取り付け

 開梱して製品確認から始めます。相変わらず、K-TAKAさんのステンシルがバッチリ決まっていて、梱包テープもブラック布テープでしっかりとしています。開梱すると本体と取説、M6のネジ3本と、当たり前ですがシンプルな中身です。リアサイドテーブルも、本体は既にしっかりと組み立てられており、組み立て家具の様な面倒さは有りません。

 それでは、さっそく、リアサイドのユーティリティナットの部分に取り付けていきます。。。あれっ!?ネジが入らない。。。確認してみるとリアヒーターにテーブル下段が干渉し、取り付け出来ないことが判りました。K-TAKAさんとやり取りして調整した筈でしたが、あと10mmくらい穴位置を下げないと取りつかない状況でした。仕方が有りませんので、取り付けネジを通す穴を10mm程下に3箇所ドリルで穴を追加で開けました。ちょっと焦りましたが、これで、バッチリ取りつきました。良かった良かった!!

リアサイドテーブルの開梱
リアサイドテーブルの取り付け穴
取り付けるためのユーティリティーナット位置
リアサイドテーブル取付完了

レビュー

  今回、穴位置がチューニングしきれなかったトラブルは有りましたが、しっかりと取りつき大満足です。テーブル色も、本当はブラックにしようかと思っておりましたが、夜間の視認性や、他の部分でもレッドをちょこちょこ使っていたので、ワンポイントで良いかな?と思い、レッドを選択していました。取り付けた感じも、少し浮いた感じも有りますが、、、レッド好きな私としては、気になりません。尚、ここの窓にはカーテンも有りますが、写真の通り干渉問題なども無く、問題無く使えました。いやぁ、次の車中泊が楽しみです!!

リアサイドテーブル
リアサイドテーブル取り付け状態

 あっ!ちなみに、寒冷地仕様でリアヒータ付きのDX/VXユーザーの皆さん、K-TAKAさんには穴位置についてフィードバックしておきましたので、オーダーの際に車種を伝えて頂ければ、次回はバッチリとした穴位置で作ってくれるかと思います。また、恐らくは、リアヒーターが無い標準仕様のDX/VXであれば、プレミアムGX用がそのまま使えるのではないかと思います。

今回使用した製品

リアベッドキットを付けている方には必需品。  車両側のユーティリティーナット2カ所にボルトオンするだけで取付け完了。左右兼用。  ドリンク置き2か所、スマホも立てて置けます。  ドリンクホルダー大型化!従来では置けなかった600mlペットボトルも置けるようになっています。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

釣り仲間へシェア
URLをコピーする
URLをコピーしました!

コメント

コメントする